有名な乳酸菌の種類とその働きについて

乳酸菌とはなんぞや?と思っている方へ。

 

乳酸菌とは糖を分解して、たくさんの乳酸を排出する微生物のことです。

 

 

人間の腸の中にいます。

 

 

乳酸菌はビフィズス菌と同じく善玉菌の代表者です。

 

 

その働きは?

 

 

乳酸をたくさん作って腸の中を酸性にします。

 

 

そのことによって腸内環境を整える訳です。

 

 

整えた結果、便秘や下痢を改善し、免疫力アップ、アレルギーを抑える効果があります。

 

 

もちろん、それだけでなく、種類によって効果も一つ一つ異なるのが乳酸菌の特徴なんです。

 

 

ここで、今注目を浴びている乳酸菌の種類をご説明します。

 

 

・ビフィズス菌

 

最もメジャーなのがこのビフィズス菌ではないでしょうか?

 

ビフィズス菌は酸素を嫌う嫌気性菌なので、当然、酸素がない大腸周辺にとどまっています。

 

腸内にこのビフィズス菌が増えると、便通が良くなることから、主に、胃腸薬や整腸薬として配合されてきました。

 

整腸作用を持つので、日々の生活でよく口にする乳製品にも含まれていますが、最近では花粉症やアレルギー症状を改善するとされています。

 

 

・乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)

 

皆さんご存知のヤクルトに使われている乳酸菌。

 

人に有益な作用をもたらす、プロバイオティクスのエースです。

 

乳酸菌シロタ株は通気嫌気性菌の一つです。

 

通気嫌気性菌とは、酸素があってもなくても増える力をもっている菌です。

 

とても耐久性の強い酸で、胃液や胆汁の中でも消化液に強く、ほとんど死滅することなく、生きたまま腸に届きます。

 

また、有益な菌と有害な菌を減らす力を持っています。

 

もともと、腸内に存在する善玉菌のビフィズス菌を増やし、大腸菌群をやっつける働きがあります。

 

また、乳酸菌シロタ株は、悪玉菌が作ってしまう物質の生成を抑制する効果があり、腸内環境を整えるので、便秘や肌荒れに効果が期待できます。

 

 

・KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)

 

アレルギー状態の際に、免疫バランスを束ねる働きをします。

 

アレルギーの改善や、免疫力を高めます。

 

乳酸菌は生きたまま腸に運ぶのが難しい菌とされていますが、このKW乳酸菌は強い酸に耐える強い力があり、胃酸で死滅せず、生きたまま腸に届きます。

 

 

・プラズマ乳酸菌(JCM5805株)

 

免疫細胞の司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞を活発にし、風邪やインフルエンザに負けない体作りを助けます。

 

 

・LG21乳酸菌

 

他の乳酸菌と比べると、胃の中で生きる力が強いという特徴があります。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんどを引き起こすピロリ菌の動きを抑える効果があります。

 

 

・モラック乳酸菌

 

インフルエンザへの効果が期待できます。

 

 

・L-92乳酸菌

 

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状に効果的と言われています。

 

アレルギー症状は免疫細胞Th1細胞の働きが低下し、Th2細胞に偏ることで起こるとされています。

 

L-92乳酸菌はこのTh1細胞を活発化させる働きがあります。

 

 

・ガセリ菌SP株

 

生きたまま腸まで届き、長く滞在することが実証されています。

 

 

・フェカリス菌

 

免疫力をアップし、花粉症やアレルギーに効果があります。

関連ページ

乳酸菌でアトピーが改善されるってホント?
乳酸菌がアトピーの根本的な治療を助けるということが分かってきました。乳酸菌とアトピーの意外な関係とは?
乳酸菌はアレルギーにも良いと言われています!
乳酸菌がアレルギーにいいという理由は?現代病とまでになったアレルギー。それには身近にある乳酸菌が相性抜群。
花粉症の原因と改善法
乳酸菌は花粉症の改善に良いとされています。一見関係ないように見える花粉症と乳酸菌の深いかかわりとは?
乳酸菌は妊婦さんにこそ必要!
妊婦さんが乳酸菌を摂ることで赤ちゃんがアレルギー体質にならないそうです。積極的に乳酸菌を摂ることで、妊婦さんは赤ちゃんを強くします。