乳酸菌は妊婦には必須!その理由は?

乳酸菌は身体にいいと言われていますが、妊婦さんにとってはどうなのでしょうか?

 

乳酸菌は身体にとってプラスになることしかないので、妊娠中でも安心して摂れます。

 

ただ、サプリメントよりは、ヨーグルトなどの食品を無理なく摂りいれる方が好ましいです。

 

 

乳酸菌は妊婦さんにとっても、お腹の中の赤ちゃんにとっても、とても良い働きをしてくれます。

 

 

妊婦さんが積極的に乳酸菌を摂ると、腸内環境が整えられて、赤ちゃんのアレルギー対策、アトピー対策にもなると言われています。

 

 

もともと赤ちゃんのアレルギーは、一番最初に外の世界と接する腸内環境の中で、免疫が正常に働くかどうかで決まってきます。

 

 

つまり、赤ちゃんのアレルギー体質は、お母さんである妊婦さんの食事によって影響される訳で、お母さんの腸内環境が整っているかどうかで、赤ちゃんにも影響すると言う訳です。

 

 

これは、お母さんも責任重大ですね。

 

 

乳酸菌でどれが合うか分からない場合は、とりあえずビフィズス菌から始めましょう。

 

ビフィズス菌は生まれた時からお腹にいる菌なので、ほとんどの人に合うと言われています。

 

また、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えることもありません。

 

 

ですから、ビフィズス菌を積極的に摂るといいそうです。

 

 

なぜなら しつこいようですが、お母さんが免疫力をつければ、赤ちゃん自身の腸内環境で、免疫機能が正常に保たれるからです。

 

 

最近、注目されてきている「生きた乳酸菌」は、ことのほか赤ちゃんの免疫力を高めるための重要な菌と考えられています。

 

 

乳酸菌は、普通は胃の中で胃酸と戦って負けてしまったり、腸の中まで入ったとしても、寿命で死滅してしまうことが多いのです。

 

 

でも、生きたまま腸に届くと、即戦力となり戦ってくれます。

 

 

今は、様々な乳酸菌食品や飲料が出ていますので、お手軽に簡単に乳酸菌を摂取することが出来る訳ですから、改まって摂取するというより、いつもの生活の中で自然と乳酸菌を摂りいれるといいのではないでしょうか?

関連ページ

乳酸菌でアトピーが改善されるってホント?
乳酸菌がアトピーの根本的な治療を助けるということが分かってきました。乳酸菌とアトピーの意外な関係とは?
乳酸菌はアレルギーにも良いと言われています!
乳酸菌がアレルギーにいいという理由は?現代病とまでになったアレルギー。それには身近にある乳酸菌が相性抜群。
花粉症の原因と改善法
乳酸菌は花粉症の改善に良いとされています。一見関係ないように見える花粉症と乳酸菌の深いかかわりとは?
知ってる?乳酸菌の種類と作用
乳酸菌の種類は1000兆個とも言われています。その中でも今注目されている乳酸菌の種類と作用をご紹介します。