乳酸菌を摂ればアトピーを改善することは出来るのか?

以前は子供がかかると考えられてきたアトピー性皮膚炎ですが、現在では大人になってから発症する人が増えてきています。

 

アトピーの原因は、ダニ、ハウスダスト、花粉などのアレルギーからくるとか、遺伝によるアレルギー体質だからとか、食生活やストレスからくるとか、生活環境からくるとか、色々と言われています。

 

難しいことを言いますと、IgE抗体が挙げられます。

 

IgE抗体は本来ウィルス細菌などの異物の侵入を防いでいる物質。

 

このIgEの数が増えたり、必要以上に働きすぎたりすると、アトピーが発症しやすいとも言われています。

 

その他にも、人間の体に備わる免疫機能が異常な反応を示した時に、発症しやすいとも言われます。

 

 

アトピーの改善と言うと、皮膚に関わることだというイメージがある方も多いと思います。

 

しかし、実は、アトピーの原因として腸内環境の乱れがあるのです。

 

 

この腸内環境の乱れによって、多くの人はアトピーを発症したり、悪化させたりしています。

 

アトピーにかかっている方の多くは、お医者さんの指導のもとで、塗り薬や飲む薬などを服用していると思います。

 

しかし、未だにステロイド剤を懸念する声が多いのも事実です。

 

それなら、根本的に治療する方法を探すしかないですよね。

 

例えば、部屋の掃除を念入りにする。

 

肌を保湿する。

 

皮膚を清潔にする、など・・・

 

でも、それは、アレルゲンの除去と肌を守るだけのことで、アレルギー体質の根本の治療ではないのです。

 

では、根本的に治療するにはどうすればいいのでしょうか?

 

根本的な治療として今注目されているのが、なんと、乳酸菌なのです。

 

 

体質改善をする意味でも、乳酸菌を積極的にとることが、有効であるとされています。

 

 

なぜ乳酸菌がいいのかと言いますと・・・

 

 

小腸の終わりから大腸にかけては、腸内細菌の巣と言われるほど、細菌がたくさんいます。

 

 

それを腸内フローラと言うのですが、この腸内フローラが悪玉菌で占められていると、アトピーが悪化するのです。

 

 

腸内フローラは善玉菌だけの天国にならなければいけません。

 

そこで乳酸菌の出番なのです。

 

 

乳酸菌で善玉菌を増やす。

 

これこそが、アトピーを改善する道です。

 

 

ただ、乳酸菌には色々な種類があります。

 

 

ヒトの腸内フローラも色んなパターンがあることから、乳酸菌とヒトには相性があるのです。

 

 

コレステロールに効果的な乳酸菌。

 

免疫力を高める乳酸菌。

 

などなど、パズルのピースがピタッとはまるような感覚で、乳酸菌との相性があります。

 

 

相性がピタッと合うと、体質改善することも出来ます。

 

 

アトピーを改善するには、善玉菌を増やすこと、と述べてきましたが、では、実際どうすればいいのか?

 

 

まず、食生活を見直し、食べ物から乳酸菌を取り入れること。

 

ヤクルト、ヨーグルトから乳酸菌を取り入れること。

 

サプリメントで乳酸菌を取り入れること。

 

 

これなら、簡単に出来そうですよね。

 

自分に合った乳酸菌を取り入れることで、アトピーから解放されましょう。

 

関連ページ

乳酸菌はアレルギーにも良いと言われています!
乳酸菌がアレルギーにいいという理由は?現代病とまでになったアレルギー。それには身近にある乳酸菌が相性抜群。
花粉症の原因と改善法
乳酸菌は花粉症の改善に良いとされています。一見関係ないように見える花粉症と乳酸菌の深いかかわりとは?
知ってる?乳酸菌の種類と作用
乳酸菌の種類は1000兆個とも言われています。その中でも今注目されている乳酸菌の種類と作用をご紹介します。
乳酸菌は妊婦さんにこそ必要!
妊婦さんが乳酸菌を摂ることで赤ちゃんがアレルギー体質にならないそうです。積極的に乳酸菌を摂ることで、妊婦さんは赤ちゃんを強くします。