乳酸菌とアレルギーの関係は?

アレルギーとは免疫が間違って勝手に動いてしまうことで起こる現象。

 

 

この免疫と言うのは、病原体からの異物の侵入から、体を守るためのバリアのこと。

 

 

免疫がダニや花粉などを、侵入してくる危ない敵だと判断して、とっさに防衛することによって引き起こす症状がアレルギーと呼ばれるものです。

 

 

もっと簡単に言うと、食べ物や化学物質などのアレルゲンによって引き起こされるということです。

 

 

今や現代人の3人に1人がアレルギーを持っているとされるようになり、現代病の一つになっています。

 

 

人間の腸には100兆個以上の細菌が潜んでいます。

 

それが腸内フローラと呼ばれるものです。

 

その中に、善玉菌と悪玉菌が住んでいるのですが、善玉菌の代表となるのが乳酸菌なのです。

 

 

そこで乳酸菌に注目!

 

 

乳酸菌は免疫力を高めて、アレルギーを調整する役目があるのです。

 

 

いかにして悪玉菌より善玉菌が優勢な状態であり続けられるのか・・・。

 

 

それは、乳酸菌には200種類以上の種類があり、それぞれ違った仕事をしています。

 

その中でアレルギーに効く強い菌を見つけることを研究してきて、商品化している訳です。

 

 

乳酸菌の働きの中で重要なのは、乳酸菌が生きたまま腸へ届くまでに、胃酸や腸液など酸の強い部分を通らなければならないのです。

 

ですから、熱と酸に負けない強い乳酸菌を腸へ届ける役目をすることが条件です。

 

この乳酸菌によって、腸内環境が整えられて、腸の働きも活発化します。

 

 

乳酸菌自体を作り出す成分が、免疫強化物質として、免疫機能をバランス良く整えて、アレルギーの抑制をします。

 

乳酸菌の中では、ラクトバチルス・アシドフィスやビフィズス菌などが、アレルギー症状にいいと言われています。

 

 

アレルギー症状を和らげるには個人差があります。

 

乳酸菌がすぐに結果を出すという訳でもないのです。

 

でも、アレルギーの発症には、免疫力の強さと弱さが関係しているので、根本的にアレルギーにならないように、体質改善していくことが良い訳です。

 

ですから、免疫力を高めて強くするためにも、乳酸菌をとり続けることが大事になってきます。

 

関連ページ

乳酸菌でアトピーが改善されるってホント?
乳酸菌がアトピーの根本的な治療を助けるということが分かってきました。乳酸菌とアトピーの意外な関係とは?
花粉症の原因と改善法
乳酸菌は花粉症の改善に良いとされています。一見関係ないように見える花粉症と乳酸菌の深いかかわりとは?
知ってる?乳酸菌の種類と作用
乳酸菌の種類は1000兆個とも言われています。その中でも今注目されている乳酸菌の種類と作用をご紹介します。
乳酸菌は妊婦さんにこそ必要!
妊婦さんが乳酸菌を摂ることで赤ちゃんがアレルギー体質にならないそうです。積極的に乳酸菌を摂ることで、妊婦さんは赤ちゃんを強くします。